【 壊れたUSBメモリからデータを取り出し 】


USBメモリの破損修理



USBメモリ破損の修理事例


  • SONY
  • BUFFALO
  • ELECOM
  • IODATA
  • Transcend
  • TOSHIBA
  • その他

USBメモリの修理事例累計300台以上の事例集

 USBコネクタ修理  USBメモリエラー表示の修理


コネクタ修理の手順

作業の流れ

故障は同じように見えても、部品の内部をよく見るとコネクタだけが故障しているケースとコネクタが固定されている基板も故障している2つのパターンがあります


1.損傷の状態を顕微鏡で確認


2.精密用の特殊半田で温度を調整しながら接続


3.配線の取り付けが正しいか確認


4.認識できるか確認


5.データリストを確認


6.データを保存

1.基板のパットの状態を確認


2.パットがはがれて落ちていることを確認


・正常なパットの状態


・そのほかの症状 基板パターン剥離

ランドが剥がれてしまったり、接続する為のパターンが切れたりしている状態


・そのほかの症状 ICチップ破損


・そのほかの症状 ICチップ破損


3.パットを修理します。トラックを開けてはんだで付けます。隣のパットに振れるとショートするため顕微鏡で作業します。


4.配線を修理


5.認識できるか確認


6.データリストを確認


7.データを保存



USBメモリ修理設備

修理にかかる日数


1~4日

破損USBメモリ価格表


故障内容 費用
コネクタ破損 18,800円

コネクタ以外の故障なら改めてお見積り。
承諾前に作業を進めることはありません。

初期費用
0
見積料
0
修理不可
0

復旧できた場合にのみ費用が発生

キャンセル時は診断費用は0円。お支払いは作業完了後

依頼方法

ご利用は下記いずれかをお選びください